基本の包子



包子。読んで字の如く、包んだもの。いわゆる中華まんです。 ふかふかの白い生地で好みの餡を包んで、蒸し上げてつくります。


ご存じの方も多いかと思いますが、生地自体は、西洋のパンと基本的には変わりません。オーブンで焼くか蒸すかで、全く印象の異なるものが出来上がります。おもしろいですね。


どんな餡を包むかはもちろん、生地と餡の量のバランスを変えるだけでも印象は変わります。また、生地も、しっとりやわらかめもあれば、しっかり噛み締められるみっちり系もあり、と、自分の好みを探してみるのもおもしろいと思います。

ちなみに、はなうたは、具を多くしすぎない、生地をしっかり噛み締めて味わえるバランスが好きです。


基本の包子レッスンでは、まずは必ず押さえるべき生地づくりのポイントをお伝えします。

もちろん、包み方もしっかり練習しましょう。

最初は包みやすい小豆あん(市販の餡を使用します)で練習、それから手作りの肉餡を包みます。

肉餡は、豚肉と葱のごくごくシンプルなものですが、アレンジの仕方もお伝えしますね。

基本をマスターしたら、ぜひ自分好みのバランスを探してみてください。


発酵生地を使いますので、基本的には温かい季節のみ(概ね4月〜10月)のレッスンとします。冬季(概ね11月〜3月)については、ご相談ください。※冬は作れないという意味ではなく、発酵に時間がかかります。


◆レッスン基本メニュー◆

  • 基本の肉まん

  • 基本のあんまん

試食時には簡単なスープをご用意します。包子と一緒に楽しみましょう。

試食後、残りの包子はお持ち帰りいただけます。


(c) all rights reserved by はなうた食堂

© 2023 by Sasha Blake. Proudly created with Wix.com